看護師資格取得学校 大学・短期大学

看護短期大学のカリキュラム

短期大学といっても、看護系の短期大学の勉学は3年間です。
3年課程の勉学の流れとしては、
1年次は、基礎科目・専門基礎科目、専門科目の講義が中心となっています。
2年次は、専門科目とその臨地実習。
3年次は、多くの学校が講義主体から臨地実習主体へと移行されています。

各短大によって、講義とそれに関する実習とを効果的に組み込む学習方法が考えられています。

始めは、講義等で基本的に必要なことや基礎的技術を身につける実習を学び、徐々に臨地実習に入っていきます。

また、短大の福祉学科等の他の学科と併設されている場合は、その学科の講義も勉学できるので、さらに専門的な学習ができます。

そして2年生課程の短大もありますが、これは高校の衛生看護科の卒業生や高卒の准看護学校卒業者が、看護師の国家試験を受けるために勉学するためのもです。

准看護師レベルの方を対象としたカリキュラムになっていますので、取得単位数は3年課程より少なくてすみ、修業年限も1年短く2年です。

学科・大学に編入

看護系の短大は3年課程ですが、学校教育法の第一条に規定された高等教育機関の学校で、学科を移る場合でも単位が認められ、また大学に編入する場合でも同様に取得単位が認められ、卒業すれば準学士の称号も与えられます。

また、保健師や助産師、養護教諭の受験資格を取得できる専攻課程を併設している大学もありますので、効率よく勉学できるでしょう。

Copyright (C) 2010 看護師資格取得学校 大学・短期大学 一覧. All Rights Reserved.