看護師資格取得学校 大学・短期大学 県

一般試験内容

看護大学・看護短期大学では、国公立と私立によって受験科目が異なります。

どこが違うのか見て頂き、みなさんの進学の参考にして下さい。

国公立の看護大学・看護短期大学

国公立の場合は、センター試験が一次試験としている学校が多く、試験の難度も高いです。
二次試験でも学科試験(4科目位)や小論文、面接が課される学校が多いです。

私立の看護大学・看護短期大学

一般入試では、国語・英語・数学又は理科の3科目を受験することが多く、さらに小論文、面接の試験がある学校もあります。
また、私立大学の特徴として、「センター試験利用入試」があることです。
「センター試験利用入試」は、改めて試験を受験することなく、1月中頃に実施されるセンター試験の結果で合否が判定される試験です。
そのまま「合格」になることもありますが、センター試験利用入試二次試験として「小論文」「面接」等が課せられる学校もあります。

一般試験対策

学科試験の科目は、大学・短大・専門学校によっても違いますし、各学校によってもさまざまです。
ですから、あなたの志望する学校を早い時期に決め、受験科目の傾向をさぐり十分対策を取りましょう。

Copyright (C) 2010 看護師資格取得学校 大学・短期大学 一覧. All Rights Reserved.